親が精神疾患になったとき 子どもたちを応援する取り組み(全国版)

images-2.jpegUnknown.jpegyoutubeアイコン.jpgimages.jpg

※こちらのページは、バージョンアップして、「NPO法人ぷるすあるは」が運営するサイト『子ども情報ステーション』へ引っ越しました 
子ども情報ステーション>役立ち情報>相談できるところ>全国の親と'子ども'の支援団体・情報

情報stバナー2 728×90.png情報stバナー2 728×90.png

親が精神疾患になったとき 
子どもたちを応援する取り組み情報



『親&子どものサポートを考える会』

活動内容
①ホームページによる情報発信 gomaskyのアイコン.jpgホームページへ
②交流の場
③社会への啓発

★掲示板          gomaskyのアイコン.jpgホームページ内の掲示板へ

★学校の先生へ伝えたいこと gomaskyのアイコン.jpg子どもの声のページへ

★三重 子どもの集い・交流会
*基本的に第3日曜日の13:30~ アスト津を会場に行っています
*参加をご希望の方は、会の事務局までご連絡ください
 (連絡先・集いの日程はホームページに記載があります)

精神障がい者の親&子の支援マップ gomaskyのアイコン.jpgマップへ

親&子どもの会チラシ.jpg
↑クリックすると全体が表示されます


精神障がい者の親に育てられた子のコミュニティ

精神障がい者の親に育てられた子のための、クローズドな招待制SNSです.招待された参加者以外の人はサイトの中を見ることはできません.≪親が精神障がい者であること≫が参加の条件です.「子」の立場の方々の心のプラットフォームとなること、問題解決の糸口を見つけられる場を目指して運営されています.参加方法等、詳しくは紹介ブログをご参照ください.
gomaskyのアイコン.jpg紹介ページへ(外部リンクへとびます)


《子どもでも成人でも可です》
精神に「障害」のある親を持つ子どもの集い

「同じ立場の人たちが集まり、日々の生活やこれからのことについて話し合いみなさんの工夫や知恵、そして思いを分かち合える場になればいいなあと思って進めています...」

とき:奇数月1回土曜の午後 →詳しくはチラシをご確認ください
ところ:きょうかれん事務局(JR花園駅)
主催:京都精神保健福祉推進家族会連合会


11091135_617621008337634_1796599997_n.jpg
クリックすると拡大します

子どもの立場の方の声や体験談など
  *出版物、JPOP-VOICEでご紹介されている体験は、いずれも親御さんの病気は統合失調症です

 《サイト》
J-POP VOICE/統合失調症と向き合う gomaskyのアイコン.jpgサイト内の「家族の声」へ
 家族の声のコーナーに、子どもの立場から、夏苅郁子さん、野村 忠良さん、中村ユキさんの声が
 紹介されています

NHK福祉ポータル ハートネット
「ボイス」のコーナーに『精神疾患の親をもつ子ども』というテーマがあります
 たくさんの体験、悩み、質問などが投稿として寄せられています  


 《コミックエッセイ》
我が家の母はビョーキです(2008/11/18) Amazonのページへ
我が家の母はビョーキです2 家族の絆編(2010/5/24) Amazonのページへ
 中村ユキさん著 サンマーク出版

 《書籍》
心病む母が遺してくれたもの: 精神科医の回復への道のり(2012/8/20)Amazonのページへ
心もうひとつの「心病む母が遺してくれたもの」(2014/1/20)Amazonのページへ
 夏苅郁子さん著 日本評論社

 《書籍:体験をもとにしたフィクション》
ママの心が病んでから Amazonのページへ
 瀬戸紗智子さん著 ぶどう社(2006/8)



情報サイト(英文)
 COPMI (Children of Parents with a Mental Illness) http://www.copmi.net.au/

 websiteを通して、精神障害を抱える親のいる家族を支援するために役立つ多くの教材を配信.
 子どもに向けたメッセージも具体的で充実しています.オーストラリアのNPO団体の一部.

 

看護職のためのケアガイド
『統合失調症を治療しながら子どもを希望される方の看護支援のために』
 作成:統合失調症を持つ人への子育て支援研究班 代表 澤田いずみ さん(札幌医科大学)

 *PDFファイル(1MB)看護職のためのケアガイド

看護職のためのケアガイド1_ページ_1.jpg

看護職のためのケアガイド1_ページ_2.jpg

 看護師・保健師・助産師が共通して活用できるケアガイドです.
 妊娠する前〜妊娠ー出産〜子育て期を通して、当事者と支援者がそれぞれの工夫を共有し
 切れ目のない支援につながるように作成されています.

 *『精神看護』2012年11月号(医学書院)に掲載されています
 澤田いずみ:統合失調症を持つ人の妊娠・出産・子育てを他職種で継続的に支えていくために
 「ケアガイド」を作成してみました.p90-96
 *掲載の許可をいただきプルスアルハのwebsiteに掲載させていただきました



文献など

・夏苅郁子(2011):「人が回復する」ということについて:著者と中村ユキさんのレジリエンスの獲得を通しての検討.精神神経学雑誌 113巻9号 p845-852.日本精神神経学会

澤田いずみ(2012):統合失調症を持つ人の妊娠・出産・子育てを他職種で継続的に支えていくために「ケアガイド」を作成してみました.精神看護 2012年11月号 p90-96.医学書院

・土田幸子(2013):「精神障害を持つ親」の子ども支援について.精神看護 2013年9月号 p54-58.医学書院

・精神科臨床サービス 2013年7月号 特集:恋愛・結婚・子育て

長江美代子,土田幸子(2013):精神障がいの親と暮らす子どもの日常生活と成長発達への影響.豊田看護大学紀要 8巻1号 p83-96.

記事など

・「一緒に暮らす親が精神疾患...不安と孤立感抱える子ら」
gomaskyのアイコン.jpgつながる医療 中日メディカルサイト中日新聞(2012年9月4日)




gomaskyのアイコン.jpg子どものケアガイドのページへ